トピックス

BINANCE(バイナンス)がNEMのステーキングを開始したんだってねー

BINANCEがNEM(XEM)のステーキングサービスを開始する

海外でも屈指の大手仮想通貨取引所のBINANCE(バイナンス)が、仮想通貨NEM(XEM)のステーキングサービスを始めた、と2020年8月18日に発表がありましたね。

BINANCEでは他にも様々なアルトコインのステーキングサービスを行っていますが、日本国内でも色んな意味で知名度が高いNEMを追加したということで、ちょっと価格に影響が出たかもーと思います。

 

NEMのステーキングプラン

NEMのステーキングプランは2種類あります。

フレキシブルロック

フレキシブル(柔軟性のある)というプラン。

言葉どおり、とくにロックする期間の制限は無いんですが、年利がだいたい1.5%なんだそうです。

 

30日ロック

1ヶ月のロック制限で、年利がだいたい2.8%となっています。

あまり頻繁に取引しない場合はこちらで30日のロックをかけて年利を多くもらったほうがよさそうな感じかも。

 

そもそもステーキングってなんぞ!って話はこちらの記事で紹介しております。

LISK ステーキング
コインチェックのLISKのステーキングサービス。ってなんですか!って話コインチェックの仮想通貨リスク(LSK)のステーキングって何だろう?? 国内の仮想通貨取引所、コインチェックが仮想通貨リスク(LSK)...

 

ステーキングに必要なNEMの数

BINANCEでのNEMのステーキングには最低500XEMが必要となるとのことです。

2020年8月の価格では6円~くらいとなっていました。今回のタイミングで少し価格が上昇したように感じられます。

仮想通貨の価格帯はだいたいCoinMarketCapでチェックしています。

[say]かつて数千単位でNEMを持っていたんだけど、あのコインチェックの事件さえ起こらなければ・・・。[/say]

とはいえ、単価88円で決済したのは現在の価格からすればかなりとんでもない額。一時期NEM240円!というこれもまた鬼みたいな価格だったからあまり実感は沸かないんですけどね。

 

海外の仮想通貨取引所BINANCE

海外の仮想通貨取引所でも最大手となるBINANCE。

個人的に登録してて、しばらく使ってて放置してたらいつの間にか色々と変わってたー!というイメージ。

金融庁になんか言われたようで、日本語対応しなくなってからしばらく離れてた感じ。そして最近また利用し始めたら取引画面が色々新しくなって、認証もちょっとだけ簡単になってた印象。

そして日本円の表示も出来て、再び日本語サポートも復活?なのかな。中華フォントなんでなんか気に入らんから英語表記で使ってるけどね!

[btn href=”https://www.binance.com/en/register?ref=16108982″ class=”raised accent-bc strong”]BINANCE[/btn]

BINANCEに遷移します。