仮想通貨取引所

コインチェック、久々にログインしたら色々追加されてて楽しそう。

コインチェック

コインチェックを久々に使ってみた。

前回の記事で、Zaifを久々にログインして使っているよーって話を書きました。

今回は、それに併せてコインチェックも久々に動かしていますよーって話です。

海外の取引所をメインにしていると、大概そちらで草コインとか謎のステーキングとかローンチプールとかよく分からんものに手を出すもんだから、ここは初心に帰って仮想通貨取引を始めた頃にお世話になった場所に戻ってみます。

 

とくにコインチェックなんて、指値の取引はビットコインくらいしかないじゃんね!とめっちゃ侮っていたわけですが、だいぶ前にファクトム(FCT)が何故か追加されていて、なんでFCTですねんと思ってたんですが・・・。

 

ETCとMONAが追加されてた。

気が付いたら、ビットコインとファクトムの他にイーサリアムクラシック(ETC)、モナコイン(MONA)も指値で取引(現物取引)が出来るようになっていたようです。

コインチェック 現物取引

現物取引は2020年11月現在で[list class=”li-check”]

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ファクトム(FTC)
  • モナコイン(MONA)

[/list]

となっています。

[say]イーサリアムクラシックを指値で取引したいかもー[/say]

 

CryptoSpellsと連携開始ってなに?

コインチェック株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮尾 聡、以下当社)は、日本最大級のブロックチェーンゲーム「CryptoSpells(クリプトスペルズ)」を提供するCryptoGames株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小澤孝太)と連携を開始いたしました。本連携のもと、「CryptoSpells」で利用可能なNFTを、2020年度内に提供開始を予定しているCoincheckのNFTマーケットプレイスにおいて取扱うことを検討していきます。

引用:コインチェック

ブロックチェーン技術を用いたゲームと連携するんですね~。

 

個人的にはブロックチェーンゲームは

[list class=”list-raw”]

  • ブレイブフロンティアヒーローズ
  • くりぷ豚レーシングフレンズ[/list]

をプレイしています。って最近全然やってるヒマが作れない感じですが・・。

クリプトスペルズもユーザー登録をしたんだけど、全然プレイしていないのでちょっと時間出来た時に触ってみようかと思います。

『CryptoSpells(クリプトスペルズ)』はウォレット・イーサリアムなしで遊べるブロックチェーンカードゲームです。 ERC721でカードを記録することで、ユーザーは所有権が証明され、自由な取引を行うことが可能です。2019年6月25日に正式リリースし、初日で売上金額が600ETHを突破いたしました。

引用:コインチェック

ブロックチェーンゲームってイーサリアム(ETH)無いとけっこうどうしようもないイメージだったけど、最近のはETHなくても遊べるんかしらん・・。

 

今回のまとめ

コインチェックで現物取引がいつの間にかイーサリアムクラシックとモナコインも追加されています。

イーサリアムクラシックもけっこう求めやすい価格になっていて、少しずつ取引していきたい感じ。モナコインもある程度資金を回せれば取引していきたいかな。

そして、クリプトスペルズとNFT連携というニュース。まだNFTマーケットプレイスについてはあまり把握できていませんが、いずれ調べて知識を得たいと思っています。

コインチェック

2017年冬に色々と大変だったコインチェックさんですが、最初にお世話になった取引所だし、応援しておりますよー。