BINANCE 本人確認

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の本人確認。アプリで顔認証かあ・・。

仮想通貨取引所BINANCE、本人確認がもう必須級

海外の仮想通貨取引所の代表とも言われるBINANCE(バイナンス)。日本国内でも利用している人も多く、国内では取り扱っていない通貨が膨大な数でリストアップされております。国内では考えられないほどの種類、そしてコレいったい何に使うんだレベルのものまであると言われ、多少の知識はあったほうが無難、とも言われていますね。

海外の取引所はID(メールアドレス)とパスワードさえあればだいたい誰でも口座開設が出来て国内のように本人確認に必要な書類、そして認証完了のハガキを受け取らなければならない、などの手間は無かったんですが、遂にBINANCEでも本人確認が必要に迫られてきましたね~

本人確認をすることにより、BINANCEでは色々便利になります。逆を返せば今まで出来てたことが出来なくなるってことも?

 

  • 出金制限:0.06BTCまで
  • 法定通貨の入金不可

 

などの制限がかかる模様。

今回、BINANCEの本人確認の手順を解説していきたいと思います。

 

BINANCEでBUSD入金してみたかったんだけど・・

BINANCEにけっこう久々にログインしたんです。

メタマスクにBUSD(バイナンスドル)があったのでBINANCEに移動しておきたいかな、と思ったんですが・・

バイナンス 制限

すべての新規および既存のユーザーは、Binanceの全製品およびサービスにアクセスするために、中間ID検証を完了する必要があります

という注釈が。BUSD入金の際には本人確認が必要なようです・・。BUSDって法定通貨扱いなのか、それとも結局仮想通貨の入金は本人確認が必要になってくるのか・・。

ということで、本人確認をすすめていきたいと思います。今更!

 

BINANCE 本人確認

バイナンス 本人確認

本人確認のページ。

ダッシュボード → セキュリティ → 本人認証 でここまで辿り着けます。

バイナンス 本人確認

Start Nowで入力開始します。

名前と生年月日、続いて住所を入力します。日本語で登録しても問題ないかと思います。

まぁ、名前だけ英語っていうかローマ字表記にしたんですが・・。

そして!

バイナンス 認証

ここで難関が・・・!

バイナンスのスマホアプリを開いて顔認証をしてください、とのこと・・・。

一気にめんどくさくなりましたね!しかし、ここは頑張ってやっていきたいと思います。

 

アプリで顔認証

相変わらずシケた面だなと自分の顔をアプリで捉えつつ撮影します。

ちなみに、バイナンスアプリも久々に起動したせいかログインが切れていましたが、そのまま顔認証の画面で撮影可。

バイナンス 認証

審査中の表示になりました。しかし認証を完了するにはある程度期間が必要の様子。

9月29日に開始した時点で、10月11日までかかるってことなんでしょうかね・・。

 

と思ったらメールが来て

「本人確認しましたよー!」

という旨の内容が届いてました。仕事が早かったですね~。

 

見返してみて思ったのですが、この10月11日というのは認証プラスが出来るようになる日にちなのではないかと考えます。

本人認証が済んだあと、Verified Plusという項目に気づきました。

こちらでは1日に200,000USDまでの入出金が可能になるようです。

縁がないなこりゃ!

 

トライアル資金 500BUSD

バイナンス トライアル資金

そして、バイナンスの通知も同時に来たのですが、「トライアル資金」の500BUSDとは・・・!

こちらはまた別記事で紹介していきたいですね!

 

バイナンス 本人確認のまとめ

今回は、仮想通貨取引所BINANCEの本人確認のやり方についてでした。

しかし、これは基本的な本人確認のやり方として紹介しています。

 

  • ダッシュボードのセキュリティから本人認証のページへ。
  • 名前、生年月日、住所を入力。
  • 顔認証をアプリから行う。

Binance: Buy Bitcoin & Crypto

Binance: Buy Bitcoin & Crypto
開発元:Binance LTD
無料
posted withアプリーチ

今回は個人的に本人確認をすすめながら記事を書いているので、今後何かで追加、削除をすることがあるかもしれないですが、とりあえずはそこまで難しいこともなく済ませることができました。

 

メタマスクからBINANCEにBUSDを送金できるようになったかしらん・・・。

 

BINANCEはこちらへ↓

BINANCE

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。