COPYCAT10M

【Copycat Finance】COPYCAT10Mって結局どういう用途なんだーって話【仮想通貨】

Copycat FinanceのDiamond Hands Programというコレ

ここ数日、Copycat Financeのトークン「COPYCAT」の価格がえらい上がってますね~。

ディスコード民がto the moon!!!!!!とか言っています。0.02USDの苦難長かったもんねぇ。

そんな感じで、COPYCATの価格が上がっていますが、Copycat Financeが始まってある程度経った頃、「Diamond Hands Program」という項目が出来てたんですね。

 

果たしてDiamond Hands Programとは・・

ELR
ELR
正直、わからん・・

COPYCATのファーミング同様、COPYCAT-BNBなどのLPを預けることによってトークンが得られます。

こちらのトークンはCOPYCAT、ではなくCOPYCAT10Mと呼ばれる似たようで違うトークンの様子。

実際、メタマスクのウォレットでもCOPYCATとCOPYCAT10Mと分けられています。

最近はCoinMarketCapだけではなく、CoinGeckoでもウィジェットが表示できて便利になりました。

ウィジェットにはCOPYCATも表示できます。

しかし、Diamond Hands ProgramのトークンであるCOPYCAT10Mはさっぱり見つかりませんね~・・

そして、仮想通貨の交換も出来ないっぽいんですよ・・

 

ディスコードでなんか目的が分かったかも

ディスコードのCopycat FinanceコミュニティでなんかCOPYCAT10Mについて言及があった模様。
日本語で展開されていないので、英語をざっくりと読んでいく感じなんですが・・

Copycatプラットフォームの時価総額が1,000万ドルに達したときに、$ COPYCAT10Mトークンを交換できます。
-> $ COPYCAT10Mトークンは、1:4の比率で$ COPYCATトークンに交換できます

引用:Copycat Finance Community

 

今後の展開次第で、トークンの交換ができるみたい。

1:4の割合でお得になるのかどうか、価格次第なところもありそう。

 

Copycat Finance

Diamond Hands Program

Copycat Finance こちらから↓

Copycat Finance

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。