• ブログ
  • 保有資産の経過、その他諸々
Ripple

リップル(Ripple XRP)が高騰!リップラーが救われた!価格高騰の理由とは。

遂にリップル(XRP)来たぜ!今度こそマジか!

仮想通貨を始めたとき、これ安いから買いやすいんじゃねーと思って買ってみた通貨はリップル(XRP)、NEM(XEM)です。おぶぅさんです。

こんばんわぁ>ω<

たしか27円くらいの頃に買って、そして10円台を長く彷徨って、時々何らかの材料で上がるのか!いや落ちたー!みたいな感じで、XRPをガチホしてる人を幾度も失望させたリップルが、遂に価格急上昇!今度こそ来たぞ!よっしゃー!

 

XRP完全覚醒!50円台を記録した!

12月13日の朝、リップルの価格が50円を突破。あー夢だわーと思ってたら、どうやら現実。今までビットコイン、アルトコインが価格を上げる中、リップルは我関せずというスタイルを貫き通していたんだが、ここで前日比+70%という異例の価格上昇を見せた!

途中、40円を切る動きを見せましたが、13日夜にはまた50円台、この記事を書いている現在は54円台です。やったぜリップル!

しかし、40円台を切った瞬間、ダメだ!と思って一部を売却してしまった!スマン!俺はリップルを信じ切っていなかったようだ!

リップルの高騰した理由とは?

リップルが高騰した理由としては、今までは、リップル公式のツイートで、何かが始まるよ~といった期待感を煽る内容のカウントダウンで、その当日がっつり下げた!みたいなことがあったので今回もすぐ下がるんじゃねーと思っていましたが、この1.5倍以上の価格上昇、一瞬で終わっていないので、何か大きな動きがあったように思えます。

 三井住友銀行やりそな銀行など37の金融機関が、米リップル社の技術を活用し韓国の大手銀行2行と15日から送金実験を始める。複数の参加者が取引履歴を共有し認証しあうブロックチェーン技術を活用し、コストを30%近く削減し、即日で海外送金ができるという。早ければ来春にも日韓の間で実際に利用される。

引用:日本経済新聞

遂に送金実験が始まるのな!

2018年にはリップル、本当に普及するかもしれないですね!気になりますね!

 

リップル(XRP)の購入をするには

リップルは主にコインチェック、GMOコインで取り扱っています。12月現在、GMOコインのリップルのスプレッド(売買の価格差)が0.3円とかなり良心的な価格になっております。おススメ!

GMOコイン

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェック

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。